• HOME
  • >> こだわり

こだわりの無垢材への思い

本物へのこだわり

伐採した原木を切っただけの、芯まで混じりけのない同じ木でできている木材のことを「無垢材」といいます。前項にもありますように法隆寺などの建築物は全て無垢材で建てられています。弊社では永く子孫の代まで建物を受け継いでいくには本物の天然の木が不可欠と考えています。本物にこだわり、構造躯体の柱・梁・土台を全て無垢材とし、集成材は一切使用していません。
では無垢材にはどのような特長があるのかをご存知でしょうか?

  • 年月を経ても劣化しない重量感と木のぬくもり、そして永く丁寧に使うことで 『ツヤ』『色』といった味わいが生まれます。
  • 化学物質を含まない自然素材。安全で快適な環境を作りだす特性があります。
  • 空間の湿気を調湿する機能を持ち、さらに樹脂を含んでいるので、住居をカビやダニから守り、高温多湿の日本の低気候に適します。
  • 呼吸器や皮膚への刺激も少ないため、健康的な住まいを得ることができます。
  • 充分に再利用できる理想的な環境循環型資源です。
このような無垢材にもデメリットはあります。調湿作用のため木が『縮む』『膨らむ』という性質があり、反りや割れが起こることもあります。これは木が製材、加工された後も生き続けている証拠です。また同じ木でも木目や年輪が同じものはなく、色ムラがあります。さらに、何十年もかけて成長した木を使った住宅に住む住まい手の方には、それなりの手入れをお願いしなければなりません。木が育った以上の年月、家を守り続けていくことは自然を守っていくことにつながるのです。生きている自然素材である無垢材のメリット・デメリットを十分に理解して、本物の良さと味わいを身近にしていただきたいと思います。

本物へのこだわり 1

本物へのこだわり 2
本物へのこだわり 3
本物へのこだわり 4
本物へのこだわり 5
ページトップへ